EPISODE3:故郷・南仏での、アペリティフのロゼの楽しみ方

最終更新: 2019年3月23日


代官山のレストラン「ル・プティ・ブドン」などの 総支配人を務めるPatric Pachonさんに、ロゼのお話を伺いました。


「南仏の人々はアペリティフの時間が大好き。 夕方仕事を終えたら、6時ごろから飲み始めて、8時ごろから始まるディナーに備えてゆっくりワインと会話を楽しみます。 その時、みんなが選ぶのがロゼ。 そしてそのまま最後までロゼという人も多いですね。 ロゼの魅力は、そのリラックスした雰囲気。 赤や白だとちょっと堅苦しい感じが残るけれど、ロゼは信頼できる仲間と、自分らしい自然な時間を楽しむことのできる、余裕を感じさせてくれますね」












【レストラン・ル・プティ・ブドン】 東京都渋谷区鉢山町13−13 ヒルサイドウエストA 03-5457-0086 ※8月1日〜16日は夏季休業です




◎未成年者に対しては酒類を販売しておりません

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

お問い合わせ

E-mail:info@waimarama-japan.jp

ワイマラマジャパン株式会社  WINETABLE

〒107-0051  東京都港区元赤坂1-2-17