EPISODE2:南仏でのロゼブームの秘密

最終更新: 2019年3月23日


代官山のレストラン「ル・プティ・ブドン」などの 総支配人を務めるPatric Pachonさんに、ロゼのお話を伺いました。


「この5年ほど、フランスではロゼが急激なブームです。 特に若者の間で人気。 というのも、実はフランスでも近年若者の“アルコール離れ”“ワイン離れ”が進んでいて、それを危惧した作り手たちが協力して、まずは万人に好まれやすい風味をもつロゼでキャンペーンを行ったんです。

“ロゼ・パンプルムース”といって、ロゼとグレープフルーツ果汁を割ったカクテルや、ポップなラベル、コルクの代わりにガラスを用いたボトルなど、新しい仕掛けをどんどん打ち出しました。 その結果、“おしゃれで新しいワイン”というイメージが定着し、著名人も“ロゼ好き!”を公言したりして、ますます人気が高まったのです。 今では白よりロゼを飲む人のほうが多いかもしれませんね」












【レストラン・ル・プティ・ブドン】 東京都渋谷区鉢山町13−13 ヒルサイドウエストA 03-5457-0086 ※8月1日〜16日は夏季休業です




◎未成年者に対しては酒類を販売しておりません

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円

お問い合わせ

E-mail:info@waimarama-japan.jp

ワイマラマジャパン株式会社  WINETABLE

〒107-0051  東京都港区元赤坂1-2-17